トップページ 業務紹介 取扱製品概要 購入申込み 技術情報 会社案内

簡単伝票発行機能(製品名:簡単伝発)

簡単伝票発行機能は売上データを入力し簡単に伝票を作成するツールです。
宛先ラベル、送り状、請求書を1枚の用紙に印刷できるので請求書を郵送するのに便利です。
またPDFへの出力も可能なので、メールの添付ファイル、FTPでの送付も可能です。

作動環境

□Windows10上で作動します。
□ローカル、またはネットワーク上のプリンターで伝票印刷します。

特長

□売上データを入力し、データを保管し、インボイス対応伝票を印刷します。
□保管しておいたデータを呼び出して再度入力利用できます。
□過去に入力した売上データから自動的に宛先一覧、商品一覧を作るので選択入力(履歴選択)できます。
□設定画面で使用しやすいようにカスタマイズ可能です。
□6種類の伝票形式から印刷する伝票を選択できます。A4サイズの白紙を使用します。

□伝票形式はカスタマイズ可能です。有償になります。


売上入力画面


売上入力画面の特徴
(1)過去に入力したデータであれば「履歴選択」ボタンを使えばキーボードからの入力は不要です。
(2)数量入力時に金額、数量合計、売価合計を自動計算します。
(3)また同時に標準税、軽減税、外税、内税などの対象金額、税額を自動計算し画面に表示します。

印刷伝票

印刷可能な複数種類の伝票の中から2種の伝票を紹介します。サイズはA4縦です。
(1)封筒の宛先貼り付けラベル、控え、送付案内、請求書をA4白紙に印刷します。

伝票の特徴
(1)封筒宛先ラベル、控え、送り状、請求書をA4用紙1枚に印刷します。
(2)カットして封筒に入れて郵送するのに手間がいりません。
(3)税別対象金額、税額を印刷します。
(4)同じレイアウトで納品書も印刷できます。



(2)請求書、請求書(控)をA4白紙の上下に印刷します。

伝票の特徴
(1)請求書の正と控えをA4用紙1枚に印刷します。
(2)税別対象金額、税額を印刷します。
(3)同じレイアウトで納品書も印刷できます。



設定画面


設定機能の特徴
(1)一般カスタマイズ関連、伝票印刷関連、管理番号に関し、様々な設定が可能です。
(2)設定情報は変更が可能です。



保管データ仕様

保管されるデータはカンマ区切り(CSV)形式です。各項目は以下のような内容です。
通常お客様はこの内容を知る必要はありません。ご自分で印刷用データを作成する場合、
編集したい場合、必要な情報です。
番号 項目名 可能文字数 説明 印刷 管理用
1 伝票管理番号 設定に依存 伝票を個別に管理するためにつけられます。
伝票の改ページにはこの情報を使用しています。
2 行番号 1つの伝票に対し、明細行1〜6の番号
3 入力日 10 入力日 YYYY/MM/DD形式
4 伝票番号 設定に依存
5 10 伝票発行日 YYYY/MM/DD形式
6 数量合計 7 小数点以下1桁まで指定可能
7 売価金額合計 10
8 品名・規格 20
9 商品コード 13
10 単位 4
11 数量 10 小数点以下1桁まで指定可能
12 売単価 10 小数点以下2桁まで指定可能
13 売価金額 10 売価金額
14 行備考 18
15 税区分 10 外税:標準税率、 外税:軽減税率、 内税:標準税率、
 内税:軽減税率、 非課税、の5つの税区分文字列
のうち一つをセットします。
文字列が違っていると読み込みできません。
16 宛先郵便番号 7 ハイフンなし
17 宛先住所1 20
18 宛先住所2 20
19 宛先住所3 20
20 宛先会社 20
21 宛先部署 20
22 宛先担当者 20
23 自社郵便番号 7 ハイフンなし
24 自社住所1 20
25 自社住所2 20
26 自社住所3 20
27 自社会社 20
28 自社部署 20
29 自社担当者 20
30 TEL FAX 30
31 インボイス登録番号 13
32 標準税対象額 10
33 標準税金額 10
34 軽減税対象金額 10
35 軽減税金額 10
36 非課税対象金額 10
37 外税額 10
38 内税額 10
39 総合計額 10



試行用ダウンロード

機能確認のため試行可能です。すべての機能が使用できます。
プログラムダウンロード
簡単伝発ダウンロード

マニュアルダウンロード
簡単伝発マニュアルダウンロード(PDF)



将来のシステムの拡張

今後、追加機能を用意する予定です。
最初は小さな機能(売上伝票)から始めて徐々に様々な機能を追加していくことができます。
それらの追加可能機能は
(1)汎用メニュー
(2)集計
(3)請求書作成
(4)マスター管理
(5)データメンテ
(6)バックアップ、レストア
などです。すべて汎用メニューから起動できます。

【資料準備中です。】